Twilioを使って通信コストを削減するには? とある電話占いサービスの事例(その3)

こんにちは!前回前々回に続いてとある電話占いサービスを事例にBeyond Communication Tools(以下、BCT)とそのバックグラウンドで動いているTwilioを活用して、通信コストを削減する方法について解説していきますね。

前回までで、BCTを利用することで、通信コストが削減できることをご説明しました。ただ、電話占いサービスの場合、発着信方式が異なりますため、削減できるコストも若干変わってきます。今回は、その詳しい解説をしていきますね。

大まかには上記の画像の通り、3パターンとなります。パターン名が若干わかりにくいかもしれませんが、一つずつ解説していきますね。

(2-a) Twilio_占い師、ユーザー双方050着信の場合

こちらが一番スタンダートな利用方法かもしれません。サービスのイメージとしては、電話占いサービスの占い師プロフィールに通話鑑定ボタンがあり、ボタンをクリックしたら電話占いサービス側から占い師とユーザーにそれぞれ電話がかかってくるというものです(正確には、占い師の着信が確認できたら、電話占いサービスからユーザーへ自動発信が行われます)。この場合、ユーザーおよび占い師への通話料金負担はありません。通話料金は電話占いサービス事業者にのみ発生します。最安値は双方がアプリを利用したパターンで0.5円/分!最高値は占い師が050番号を使いユーザーが090番号を利用した場合で21.6円/分となっています。料金パターンは以下の通りです。

占い師 | ユーザー App(0.25円/分) 050番号(5.40円/分) 090番号(16.20円/分)
App(0.25円/分) 0.50円/分 5.65円/分 16.45円/分
050番号(5.40円/分) 5.65円/分 10.80円/分 21.60円/分

 

分岐条件(2-b) Twilio_ユーザー050発信、占い師050着信

こちらはユーザーが通話料金を負担するパターンです。ユーザー側から直接占い師へ通話するようなサービスインタフェースの場合には、この方式をとることになりますね。この場合の最安値はやはり双方がアプリを利用したパターンで0.5円/分!最高値はユーザーが固定回線で発信をし占い師が050番号を使う場合で6.4円/分となっています(あくまで電話占いサービス事業者の負担料金であることにご注意ください)。料金パターンは以下の通りです。

占い師 | ユーザー App(0.25円/分) 電話回線(1.00円/分)
App(0.25円/分) 0.50円/分 1.25円/分
050番号(5.40円/分) 5.65円/分 6.40円/分

 

分岐条件(2-c) Twilio_ユーザー0120発信、占い師050着信

実はこの方式はオススメしていません。というのも、0120着信は料金が高いのです。もちろんサービスのパターンとしてはあり得ますので、参考までにご確認頂ければ幸いです。なお、この方式だとユーザーは通話料金を負担しません。この場合の最安値はやはり双方がアプリを利用したパターンで0.5円/分!最高値はユーザーが電話回線で発信をし占い師が050番号を使う場合で21.6円/分となっています。料金パターンは以下の通りです。

占い師 | ユーザー App(0.25円/分) 電話回線(21.60円/分)
App(0.25円/分) 0.50円/分 21.85円/分
050番号(5.40円/分) 5.65円/分 27.00円/分

 

 選択肢(3 電話サポート

さて、こちらはあくまでオプションという形ですが、通話のログを取得するしない等のパターン分けもBCTでは行えます。ご参考までに下記のイメージをご確認いただければと思います。

以上が、BCTおよびTwilioを用いた通信コストの削減方法になります。いかがでしたでしょうか。

ちなみに、BCTを用いれば、電話占いサービスをアプリ化するにあたって気になるマーケット決済手数料の削減もすることができてしまうのです……!これについては、また別の投稿でお伝えしていきます。気になる方は、コーポレートサイトのお知らせよりお問い合わせ頂ければ幸いです。

Twilioを使って通信コストを削減するには? とある電話占いサービスの事例(その2)

こんにちは!前回に続いて、とある電話占いサービスを事例にBeyond Communication Tools(そのバックグラウンドで動いているTwilio)を活用して、通信コストを削減する方法について解説していきますね。

Beyond Communication Tools(以下、BCT)を用いた電話占いサイトの構築パターンは以下のようなものでした。

このうち、まずは(1)通話ツールをどうするかですね。通話ツールの選択については、電話占いに限らず電話を用いるものであれば共通事項なので、電話占いサービス関係以外の方にとっても参考になるかと思います。

さて、現状の電話占いサービスについては、大半が固定の電話回線を利用していることかと思います。BCTを使うことで、以下のように選択肢を増やすことができます。

まず、(1-a)電話回線を利用するパターンの場合です。Twilioの料金表をご覧頂ければお気づきのことかと思いますが、Twilioでは電話回線もご利用になれます。なので、既存の電話回線をTwilioにそのままリプレイスするといったことも可能です。初期費用はかかりませんし。とはいえ、次にご紹介するアプリに比べると料金が高いというデメリットもあります。

次に(1-b)アプリを利用する場合ですが、この場合なんとTwilio利用料金は最安値で0.5円/分(料金は発信・着信双方に発生するので、0.25円/分×2)になります!また、電話番号の取得も必要ありません(よって、必然的に匿名通話も行えます)。ただし、当然ながらアプリのインストールが必要で(同時にGoogle PlayやiTunesConnectの審査も発生します)、多少ながら通話品質は電話回線に劣るというデメリットがあります。

そこでオススメなのが(1-c)電話回線・アプリの両方を利用する方式です。どちらかをユーザー側が選べれば自由度・柔軟性が増しますね。ただ、電話占いサービスの場合、通話料金をユーザーに負担させるかどうかというサービス設計上の方針がどうかという点には注意が必要です。通信コストをより多く削減するには極力アプリを使って頂く方がよいのですが、もし通話料金をユーザーに負担させる方針の場合、ユーザーは使い慣れた電話回線を利用しがちかもしれません。ですので、アプリを利用させる動機(UI/UXが素晴らしいとか何らかのインセンティブ等)が必要になってきそうです。

さて、電話占いサービスにおいては、発着信の方式がサービスによって様々なパターンが考えられます。特定の番号から占い師へ直接かけるというパターンから、一度占い師へ電話をかけた後、ユーザーに対して折り返し電話がかかってくるといったパターンもあります。これらに対して、BCTではどのように対応するのか、またその際の通信コストはどのようになるのか、といった解説を次回の投稿で行なっていきます。

Twilioを使って通信コストを削減するには? 電話占いサービスの事例(その1)

こんにちは!先日、Beyond Coommunication Toolsという「通話やチャットサービスの構築・導入を検討されている事業者に対して、WEB/Android/iOSマルチ対応可能なチャット・通話ソリューション」(長いですね笑)のリリースをしました!

活用事例として、ある電話占いサービスで通信コストを削減した方法を、連載としてご紹介していきます。

現状、多くの電話占いサービスは固定電話回線から構築され、お客様はPCサイトに表示された電話番号(03番号)を固定電話(0*番号)か携帯電話の回線番号(090か080)にかけて利用するという形態が一般的かと思います。

この方法は馴染みがあってよいのですが、1)固定電話回線の通信料金を下げたい、2)サービスのアプリ化を検討した時によりシームレスにサービス連携したい、といった事業者様のお話をよく聞きます。

そうです、Beyond Coommunication Toolsをご利用頂ければ、こうしたお悩みが解決できます!(ちなみに、サービス内にチャットを入れたいといったお話もあり、そこも実現できますが、その話はまた別の機会に)

ところで、このBeyond Coommunication Tools、実はバックグラウンドの一部の技術としてTwilioを使っています。Twilioとはなんぞや?というところですが、音声、ビデオ、メッセージングを制御できるクラウドAPIですね。詳細の説明は以下の通りです(Twilio公式サイトより抜粋)

Twilio は開発者向けのプラットフォームサービス、たった数行のコードを書くだけでネットと電話・SMS をつなぎます。
ネット上の仕組みを電話から操作したり、ネット上の情報を電話や SMS に通知することができるようになります。
提供する API は簡潔でわかりやすく、様々な開発言語に対応しているので、短期間にサービスを構築できます。
また、 初期費用・保守費用は不要、使った分だけのお支払いなので、業務拡大期、キャンペーンなど短期の利用にも適します。

このTwilio、説明にある通り、初期費用が不要でスケーラビリティも高く本当に便利です。先日の投稿に記載したように1年間のtwilioのインタラクションは280億回(!)あり、エラー率も10万回に1回のエラー(稼働率99.999%)と品質抜群、全世界で利用されている優れものというわけです。

そして、気になる料金ですがアプリ同士であれば最安値で0.5円/分という圧倒的なコストメリットが!

なので、通話サービスを構築する上で、Twilioを利用することに品質面での心配や料金の懸念はいりません。では、あとはこれをどうやって電話占いサービスに適用するか?ということが題名となってきます。

当社では、以下のようにパターン分けを行い、ご提案をさせて頂いています。

少し長くなってきましたので、(1)通話ツール、(2)発着信方式、(3)電話サポートに関する詳細については、次回のブログで追ってご説明させていただきます。

「Twilioビジネスセミナー Vol.42 – SIGNAL London 2017最新情報」に参加してきました

こんにちは!これからBeyond Blogとして、クラウドAPIやチャット・AI/Bot等に関するブログを更新していきます。
初回の本日は、弊社サービスでも多数利用しているTwilioの最新動向について!

先月9/25になりますが、Twilioビジネスセミナー Vol.42 – SIGNAL London 2017最新情報に参加をしてきました。
Londonで行われたSIGNALの解説、そして注目のTwilio Studioのデモという2段構成でした。

簡単ですが、メモ書きを共有します。

【9/25 twilioビジネスセミナー】

●前座
・SIGNAL London
 →5月にSF、秋にロンドンでカンファレンス
 →最新情報の共有

●SIGNAL London最新情報
・twilioはじめて話を聞く人(会場への質問)
 →一人だけ

・twilio
 →電話&SMS APIからコミュニケーションAPIに進化

・品質力
 →1年間のtwilioのインタラクション:280億回
 →可溶性と成功率、API Availability、Success Rate :10万回に1回のエラー、99.999%

・柔軟性
 →豊富なチャネル以外に、監視ツールなどコントロールするための機能がある
  様々な国にも対応
 →デプロイ数:2016年は6,643から30,000。3.5営業日に一回新しいツールがでてくる

・機動性
 →twilioの開発者(API Developers)の数は1.6M、5000,000人がヨーロッパ

1)Studioのクローズドβ提供開始
・visual builder
・ドラッグアンドドロップでコミュニケーションワークフローを作成できる
・テンプレ利用で開発者だけでなく現場が随時変更してA/Bテストなども実現可能
・別のサーバー上にあるリソースと接続可能
・料金体系
 →本国のみ
 →FREE:Flow(ビジュアルチャート)無制限、1,000エンゲージメントまで
 →PLUS:月額99ポンド、20,000エンゲージメントまで
 →ENTERPRISE:月額10,000ポンド、無制限エンゲージメント
・米国twilioサイトで申し込みが必要

2)Understandのクローズドβ提供開始
・NATURAL LAUNGUAGE UNDERSTANDING BY TWILIO
・音声をテキスト変換
・構造的なデータオブジェクトへ変換
・自然言語処理により文字列に変換

・適用分野
 →IVRの置き換え&短縮化(プッシュを音声にかえるとか)
 →自動データ取得(見込み客抽出、サポートのエスカレ、ビジネス機会創出)
 →会話インターフェースの提供

・IVRの置き換え&短縮化の例
 →クレカ会社から身の覚えのない請求書。クレカ会社に問い合わせをするというようなケース
 →IVR操作なしに、音声認識してくれるので担当部署へ直接つながるみたいなイメージ

・動作
 →1)モデルの設計:インテントとエンティティの定義、2)モデルの訓練:サンプルデータの用意、3)モデルの実行:実データの用意

 →電話/VoIP/SMS/チャット/メッセンジャー
  (Facebook/Twitter/Wechat/slack/alexa等と連携)

 →現状は US英語のみ

3)FunctionsのNPM連携
・node.jsと連携
・2017/5発表
・サーバーレスの実行環境を提供
・</>twilio Runtimeの一つ
・開発速度の向上、低遅延、スパイク自動化
・開発をしやすくするツール
・NPM連携
 →NPM(node.js package manager)を利用したサードパーティー製のライブラリインポートが可能

4)twill super network (インフラ)
・twilioは全世界のキャリアと契約・提携をして各国と通話できるようになっている
・2017年:100国、GDP90+%、60+億人

5)GDPR準拠
・GDPRとはEUで規定している個人情報保護のとりくみ
 →個人データの処理&保管を適切にせよ、EEA域外への個人データ移転は原則禁止、個人データの取得・保管・通知のルール
 →EUにサービスを提供している日本企業も対象
 →違反企業には多額の制裁金:最大25+億円
 →2016年4月制定、2018年5月
 →例えば、日本でSasSサービスを作って、ヨーロッパの人が利用をすると対象になってしまう

・twilioを使っている限りはGDPRに準拠しているので安心してくださいという取り組み

6)その他の注目のトピック
・Engagement Cloud
 →ASK YOUR DEVELOPERの姿勢、問題1:対応しきれない、問題2:運用メンテは酷
 →顧客エンゲージメントに大切なこと、適切なチャネル・内容・タイミングでのコミュニケーション
 →開発者以外からコミュニケーションをとれるように
 →例:Notify→いろんなチャネルにシステムから通知
 →もしカスタマーエンゲージメントが簡単に実現できたら?→TwilioStudio

・オムニチャネル
 →11/9のCRMデモ&コンファレンスで詳細説明
 →googleトレンドだとオムニチャネルは世界的に検索ワード増加傾向、日本だけが減少傾向

・全セッション動画あり
 https://www.twilio.com/signal/london

・studio連携イベント
 →10/24東京

・メンバー募集
 →企画マーケティング
 →技術(API/PBX)
 →サポート/翻訳

●SIGNAL LONDON 2017新機能のご紹介
・Functions NPM連携
 →Functionsはtwilioサービス構築時にサーバーレスで作れる

・sendgridライブラリ
 →twilioのHPにあがってるものは動かない・・・

・Studio
 →IVR作成デモ
 →Channelsとも連携できる

●Q&A
・中国のサイバーセキュリティ法案への対応は?
 →アナウンスは特にない

以上です!
Studioが注目されがちですが、「NATURAL LAUNGUAGE UNDERSTANDING BY TWILIO」は日本語対応が未だのようですがGoogle Speech APIと同じようなサービスなので、大変興味深いですね。