「Twilioビジネスセミナー Vol.42 – SIGNAL London 2017最新情報」に参加してきました

Pocket

こんにちは!これからBeyond Blogとして、クラウドAPIやチャット・AI/Bot等に関するブログを更新していきます。
初回の本日は、弊社サービスでも多数利用しているTwilioの最新動向について!

先月9/25になりますが、Twilioビジネスセミナー Vol.42 – SIGNAL London 2017最新情報に参加をしてきました。
Londonで行われたSIGNALの解説、そして注目のTwilio Studioのデモという2段構成でした。

簡単ですが、メモ書きを共有します。

【9/25 twilioビジネスセミナー】

●前座
・SIGNAL London
 →5月にSF、秋にロンドンでカンファレンス
 →最新情報の共有

●SIGNAL London最新情報
・twilioはじめて話を聞く人(会場への質問)
 →一人だけ

・twilio
 →電話&SMS APIからコミュニケーションAPIに進化

・品質力
 →1年間のtwilioのインタラクション:280億回
 →可溶性と成功率、API Availability、Success Rate :10万回に1回のエラー、99.999%

・柔軟性
 →豊富なチャネル以外に、監視ツールなどコントロールするための機能がある
  様々な国にも対応
 →デプロイ数:2016年は6,643から30,000。3.5営業日に一回新しいツールがでてくる

・機動性
 →twilioの開発者(API Developers)の数は1.6M、5000,000人がヨーロッパ

1)Studioのクローズドβ提供開始
・visual builder
・ドラッグアンドドロップでコミュニケーションワークフローを作成できる
・テンプレ利用で開発者だけでなく現場が随時変更してA/Bテストなども実現可能
・別のサーバー上にあるリソースと接続可能
・料金体系
 →本国のみ
 →FREE:Flow(ビジュアルチャート)無制限、1,000エンゲージメントまで
 →PLUS:月額99ポンド、20,000エンゲージメントまで
 →ENTERPRISE:月額10,000ポンド、無制限エンゲージメント
・米国twilioサイトで申し込みが必要

2)Understandのクローズドβ提供開始
・NATURAL LAUNGUAGE UNDERSTANDING BY TWILIO
・音声をテキスト変換
・構造的なデータオブジェクトへ変換
・自然言語処理により文字列に変換

・適用分野
 →IVRの置き換え&短縮化(プッシュを音声にかえるとか)
 →自動データ取得(見込み客抽出、サポートのエスカレ、ビジネス機会創出)
 →会話インターフェースの提供

・IVRの置き換え&短縮化の例
 →クレカ会社から身の覚えのない請求書。クレカ会社に問い合わせをするというようなケース
 →IVR操作なしに、音声認識してくれるので担当部署へ直接つながるみたいなイメージ

・動作
 →1)モデルの設計:インテントとエンティティの定義、2)モデルの訓練:サンプルデータの用意、3)モデルの実行:実データの用意

 →電話/VoIP/SMS/チャット/メッセンジャー
  (Facebook/Twitter/Wechat/slack/alexa等と連携)

 →現状は US英語のみ

3)FunctionsのNPM連携
・node.jsと連携
・2017/5発表
・サーバーレスの実行環境を提供
・</>twilio Runtimeの一つ
・開発速度の向上、低遅延、スパイク自動化
・開発をしやすくするツール
・NPM連携
 →NPM(node.js package manager)を利用したサードパーティー製のライブラリインポートが可能

4)twill super network (インフラ)
・twilioは全世界のキャリアと契約・提携をして各国と通話できるようになっている
・2017年:100国、GDP90+%、60+億人

5)GDPR準拠
・GDPRとはEUで規定している個人情報保護のとりくみ
 →個人データの処理&保管を適切にせよ、EEA域外への個人データ移転は原則禁止、個人データの取得・保管・通知のルール
 →EUにサービスを提供している日本企業も対象
 →違反企業には多額の制裁金:最大25+億円
 →2016年4月制定、2018年5月
 →例えば、日本でSasSサービスを作って、ヨーロッパの人が利用をすると対象になってしまう

・twilioを使っている限りはGDPRに準拠しているので安心してくださいという取り組み

6)その他の注目のトピック
・Engagement Cloud
 →ASK YOUR DEVELOPERの姿勢、問題1:対応しきれない、問題2:運用メンテは酷
 →顧客エンゲージメントに大切なこと、適切なチャネル・内容・タイミングでのコミュニケーション
 →開発者以外からコミュニケーションをとれるように
 →例:Notify→いろんなチャネルにシステムから通知
 →もしカスタマーエンゲージメントが簡単に実現できたら?→TwilioStudio

・オムニチャネル
 →11/9のCRMデモ&コンファレンスで詳細説明
 →googleトレンドだとオムニチャネルは世界的に検索ワード増加傾向、日本だけが減少傾向

・全セッション動画あり
 https://www.twilio.com/signal/london

・studio連携イベント
 →10/24東京

・メンバー募集
 →企画マーケティング
 →技術(API/PBX)
 →サポート/翻訳

●SIGNAL LONDON 2017新機能のご紹介
・Functions NPM連携
 →Functionsはtwilioサービス構築時にサーバーレスで作れる

・sendgridライブラリ
 →twilioのHPにあがってるものは動かない・・・

・Studio
 →IVR作成デモ
 →Channelsとも連携できる

●Q&A
・中国のサイバーセキュリティ法案への対応は?
 →アナウンスは特にない

以上です!
Studioが注目されがちですが、「NATURAL LAUNGUAGE UNDERSTANDING BY TWILIO」は日本語対応が未だのようですがGoogle Speech APIと同じようなサービスなので、大変興味深いですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です